千年酵素の特長のひとつは酒蔵に生息する生きた酵母が配合されていることです。酒蔵にはいくつもの発酵菌が棲みついているものですが、そのなかから誕生したのが千年酵素に使われている秘伝の酵母「ラクトアドジスサケ菌」なのです。千年酵素にも使われている酒蔵に棲みついた酵母は蔵付酵母菌と言われ、人工酵母とは生命力がちがいます。

 

 

ところで、酵母とはなんでしょうか?酵母はキノコやカビと同じ種類の生き物である菌類です。

 

酵母は私たちの食生活に欠かせないものです。酵母は糖分をアルコールと二酸化炭素に分解する働きを持っています。これを利用して作られているのがパンやお酒なのです。千年酵素に使われている酒蔵に生息する酵母菌というのはまさにお酒を作り出すために必要な酵母菌の一つだということになりますね。

 

 

酒蔵に棲みついているような酵母は天然酵母ですが、一般に食品の製造によく使われる酵母は人工酵母とよばれます。人工酵母は天然酵母とどうちがうのでしょうか?

 

天然酵母は培養に天然原料だけを使うため熟成に時間がかかります。一方の人工酵母は酵母菌の培養に甘味飼料や化学物質などが使われています。そのため手間がかからず短時間で効率よく作業がすすみ、生産コストを低く抑えられるのです。このことは人工酵母のメリットなのですが、さまざまな化学物質を利用しているため安全性に不安が残るというデメリットがあります。

 

 

千年酵素に使われているラクトアドジスサケ菌は40度前後という体内環境で活性化し、炭水化物の分解をすすめてくれます。つい食べてしまう炭水化物や甘いものですがラクトアドジスサケ菌が分解してしまうのです。化学物質は使用せず、伝統製法によって時間をかけて作り出された千年酵素を飲んで酒蔵の酵母菌を健康に活かしましょう。


 
▼ 千年酵素の公式サイトはこちら ▼
カテゴリー : 酒蔵